無料体験版受付中

アプリを使った勤怠管理はお手軽

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > アプリを使った勤怠管理はお手軽

アプリを使った勤怠管理はお手軽



アプリを使った勤怠管理



出勤、退勤などの打刻はタイムカードを利用しているところもありますが、勤務時間の計算や給与計算など大きな負担を感じていませんか。ダウンロード無料のアプリを利用すれば負担が軽減されます。

24時間打刻可能なので、深夜勤務などにも対応可能です。無料ダウンロードのアプリを利用すれば、従業員のスマートフォンと連動させて使うこともできます。これができれば自分の勤務時間状況を従業員はいつでもスマートフォンを使って確認できます。

タブレットやスマホを有効活用できるので、会社外での営業が多い従業員などには最適です。営業や配送など外勤が多い人だけではなく、屋外作業が多い建設作業員、警備業務の人にも活用できます。

タイムカードなど今までの紙や電話連絡での出退勤管理に比べて集計業務も楽ですし、使用する側も便利に使えます。いちいち電話連絡することを億劫に思っていた従業員も多くいたことでしょう。ネットワークを接続することで従業員の位置情報も管理することができます。どの場所から退社時間報告をしたのかも把握することができます。そのシステムを取り入れればタイムカードでありがちだった不正打刻がないかも簡単に確認することも可能となります。



無料で使えるアプリ



無料で使えるクラウドの勤怠管理システムはインターネット上にいくつもあります。ここではその無料のシステムを紹介します。

ただ、無料なのでそこまで機能が充実しているわけではありません。やはり無料ではサービスや機能に限界があります。ただ、初めてシステム導入される事業者であれば、あまり複雑なシステムを導入すると従業員が混乱してしまいます。初めはあまり複雑でないほうが使いやすいでしょう。

無料のシステムを使いながら慣れていくことができ、もっと機能が充実したものが良いと思えば、複雑なシステムを導入すればいいのです。まずは手軽に始められるものからスタートしたほうが負担が少ないですし、スムーズな導入が可能です。

無料勤怠管理システムはいくつもあります。ブラウザで利用するタイプのタイムレコーダーシステムはタイムレコーダー画面、管理画面ともにモバイル対応しています。iPad、Androidタブレット、パソコンのいずれにも対応していますから、外勤の従業員でも便利に使えるでしょう。テンプレートもいろいろなパターンが用意されています。シンプルで使いやすいものを選ぶと、すぐにシステムの利用が把握できるでしょう。また、好みのデザインに楽しく着せ替えできるものもあります。

無料で利用できる上に、人数・拠点数などの一切の制限がないものもあります。同じ会社であれば、複数の勤務先があっても同じ従業員コードで管理できるのはとても便利です。

また打刻時に写真撮影する仕様になっているものもあります。このシステムがあれば不正打刻防止に役立つでしょう。

ただ、無料で使えるアプリの中にはタイムレコーダー機能のみ無料で、ほかは有料になってしまうものもあるので注意しましょう。たとえば、給与計算機能を利用するためには月額使用料がかかるなどです。

他にも学校法人や塾、予備校向けのシステムもあります。登下校の打刻時にメールでお知らせする機能です。事故や犯罪が心配な親御さんにはとても安心なシステムです。



仕事を効率化



社員の管理の仕方は、多くの経営者の頭を悩ませています。アルバイトがいたり、短時間勤務者がいたり、勤務体系が一定でなく複雑になればタイムカードだけの管理では時間も手間もかかって大変になってしまいます。

一昔前であればタイムカードで管理をしているところばかりでしたが、今は手間や負担を考えて新しいシステムを導入しているところが増えてきています。もっと便利に勤務時間や給与計算をしたいと思えば、勤怠管理システムを検討してみましょう。「価格が高い」という印象がありますが、実はフリーで使えるソフトも数多くあります。

勤怠管理アプリは、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットも利用可能です。タイムカードが押せない外回り営業にもかなり便利に使えるでしょう。また出張の多いビジネスマンにも役立ちますし、仕事の効率も上がります。

出退勤連絡や行動内容など今まで電話連絡や紙への記入で面倒だと感じていたのであれば、新しいシステムは衝撃的に便利です。業務日報を手軽にスマホで行うことができるので時間のロスもありません。ワンタップで出退勤時刻を入力できたり、GPS連携で位置情報までリアルタイムで記録されるので、仕事の効率もアップします。

総務からしても簡単に従業員の勤務時間などを管理できるので、今まで給与計算などで時間をとられていた分、ほかの仕事に時間を割くことができるようになります。

アプリがあれば勤務開始時間と終了時間にタッチするだけで、簡単に勤怠管理ができます。無料版のアプリはいろいろインターネット上に出てきますが、無料版はやはりサービスが限定されます。有料版を利用すれば費用はかかってしまいますがサービスが充実しています。無料版では使うことができない便利なサービスも有料版にはあるのです。

大きなコストがかかってしまいそうな印象の勤怠管理システムですが、多くのフリーソフトがあることは先に説明した通りです。多くのサービスが無料と謳っていますが、その中には30日間無料、60日間無料というサービスもあります。

一度無料アプリを試してみて、これでは物足りない、欲しい機能がないと感じたら有料アプリを検討すればいいでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る