無料体験版受付中

クラウドで勤怠管理をするとこんな良いことがある

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > クラウドで勤怠管理をするとこんな良いことがある

クラウドで勤怠管理をするとこんな良いことがある

クラウドで勤怠管理をする方法


近年様々な企業で利用をされることが増えたのが、クラウドサービスによって勤怠の管理をする方法です。クラウドによって勤怠管理をする方法としては、主にこのような方法が挙げられます。
まず初めに、労働者が出退勤の際にICカードなどを利用して、出勤時や退勤時に、それぞれ専用端末に登録を行います。駅の改札などと同じように、タッチをするだけで登録が完了しますので、忘れずにかざすことで登録が完了になるのです。企業によっては入社をする際にゲートを設け、かざさないとゲートが開かないような仕組みになっている場合もありますので、かざし忘れもなく、必ず登録をすることが出来るのです。
こうして登録がされた情報は、クラウドで一括管理され、管理者側がこの情報を管理することが出来る様になります。登録された時間などは基本的に書き換えなどが出来ませんので、不正などをすることも出来ず、記入ミスなどが起きてしまう心配もなく利用することが出来ると言えるでしょう。こうして、データを印刷し、データを元に計算を行い、給与計算や勤怠管理を行うことが出来る様になるのです。
オンラインストレージにデータが残っているため、万が一PCからデータが消えたという場合でも、オンラインに接続をすることでバックアップが必ずあるので、万が一の際にも安心して利用をすることが出来る点が大きな特徴です。また、管理者側が一括で管理をしやすく、ミスが減る点もメリットとして挙げられるでしょう。
このように、管理者にとってはもちろん、労働者にとっても簡単に勤怠管理をすることが出来る点が人気で、大手企業をはじめ、中小企業でも設けられていることが増えています。

メリットはこれら


勤怠管理を簡単にすることが出来る点が特徴のクラウドによる管理。具体的には、このような点がメリットとして言えるでしょう。
まずは労働者側のメリットですが、労働者の中には、出退勤を押すのを忘れて、「労働したにも関わらず記録が付いていない」「残業した分の労働時間を申請し忘れて、その分の給与が発生していない」という場合など、働いた時間の申告ミスなどによって、気が付かないうちに給与が発生していないという部分が起きることも多くあるようです。
ですが、クラウドの管理の場合は、出退勤の際に必ずICカードなどを利用してかざすことで漏れを防ぐことが出来るので、申告漏れを防ぎ、確実に労働時間を記録しておくことが可能という点がメリットとして挙げられるでしょう。
次に、管理者側のメリットですが、クラウドで管理をすることで、労働者側が万が一申告漏れや不正申告をしようとしてもミスがしにくく、不正自体が出来ずに明白になりますので、余計な負担なく利用することが出来るでしょう。そして、一括で管理をすることが出来るので、給与計算面や労働時間確認の面でミスが起きにくく、二重三重に余計な確認をする必要が無くなる点が大きなメリットだと言えるでしょう。万が一PC内のデータが消えてしまっても、オンラインストレージにデータがあるため、その点も安心できるポイントとして知られています。
このように、労働者側はもちろんですが、主に管理者側に様々なメリットがある点がクラウドによる勤怠管理の特徴となっているのです。

ミスが少なくなる?


クラウドで勤怠管理を行うことによる大きなメリットの一つとして、労働者側も管理者側も、「人為的ミスが少なくなる」「全くなくなる」という点が挙げられます。具体的には、このような点が挙げられるでしょう。
まず労働者側ですが、企業によっては手書きで勤怠状況を逐一報告をする場合や、タイムカードなどを利用して作成する場合があるので、わざとではなくても記入ミスをしてしまったり、タイムカードの押し忘れなどが発生してしまったりすることも数多くあるのです。ですがこちらの場合は、手続きをしないと出退勤が出来ないというシステムを取り入れている所も多く、記入ミスなどを防ぐ効果が期待出来る点が大きな特徴であると言えるでしょう。
次に管理者側ですが、企業の中には、労働者側から申告を受けたものをそのままエクセルなどに入力を行うタイプの企業もあると言われています。人間が記入をしてしまうことで、どうしてもミスがでることも多く、下手をすると記入ミスや記入漏れによって正式な労働時間が反映されなくなる場合もあると言われています。ですが、労働時間などはミスがなく申告されていますので、オンライン上のデータを参考にそのままデータをダウンロードするだけで利用を出来ますので、記入ミス複写ミスなく確実に利用をすることが出来ると言えるでしょう。
どんなにしっかりとしていても、人間はたまにはミスをしてしまう生き物ですので、人為的ミスを防ぎ管理をするためにも、こうした管理サービスを利用することが、効率面においても重要であると言えるでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る