無料体験版受付中

クラウド型のタイムカードはいつでもどこでも使用可能

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > クラウド型のタイムカードはいつでもどこでも使用可能

クラウド型のタイムカードはいつでもどこでも使用可能



インターネットさえあれば簡単便利に



クラウド型のタイムカードはインターネット環境さえあればいつでもどこでも利用することが出来ます。通常タイムカードというと勤務先においてありますので、出社したときと退社するときに利用することになります。勤務先にしか置いていない場合、営業に出てそのまま帰宅する場合や遠い支社や支店に出向いてそのまま帰宅する場合は、いちいち会社に電話連絡をしなければなりません。

インターネットで管理することが出来れば、営業先からでも遠い支店や支社に行っている場合でも簡単に利用することが出来るので、面倒な手間がなくなります。外回りの多い営業の人などは会社に電話をする煩わしさから解放されますし、自分の持っているスマホやタブレットを使って打刻が可能なので、少し早く退社することを電話で報告するのが面倒だと思うことが無くなります。直行直帰の業務が多い会社、従業員の出社時間や退社時間が大きく異なっている会社、タイムカードを置くことが出来ない作業現場などに導入すれば、かなり便利に使えます。

毎日の勤怠管理をするのは会社にとっては当然のことです。しかし、従業員すべての管理をするのは大変な作業です。それがクラウド型のものがあれば管理も大変楽になります。忙しい業務に追われる中、勤怠管理にまで手が回らないと言う会社も便利さを感じることになるでしょう。



自分で勤怠管理をすることで不正は無いか?



会社にタイムカードがある場合、なかなか不正はできないものです。多くの人が目にする場所に置いてあるのでわざと残業時間を長くして少しでも残業手当を多くもらおうと考えても、人目につきやすい場所にあれば不正は働きにくいです。何もせずに会社に残っていると、他の仕事をしている人からも白い目で見られるので、おかしな動きはできません。

では、クラウド型のタイムカードはどうなのでしょうか。インターネットを使ってパソコンやスマホ、タブレットで出社時間や退社時間を打刻し、しかも修正も可能となれば、後日、退社時間を遅くして残業手当をもらおうと考える人が出てくる可能性があります。そのため、従業員本人が打刻情報を変更できるようにすることもできますが、上司の許可なくして打刻情報の修正が出来ないようにすることも可能です。不正が出来ないので、多めに残業代を出す間違いもなくなります。もちろん外出先からの勤怠管理であっても不正はできないので、どのような場所からでも従業員の勤務状況を把握することが出来ます。

クラウド型のタイムカードと言えば難しい操作が必要なのではないかと二の足を踏む人もいるかもしれませんが、誰でも簡単に打刻が出来るようにしてあります。アルバイトやパートの従業員の人でも簡単に操作できます。誰でも使いやすく見やすいもので無いと、導入した意味がありません。このシステムは誰にでも使いこなせるように使いやすくなっています。難しい説明書を読まないと理解できないようでは、誰もが使いこなせるわけではありません。説明書をいちいち読まなくても自然に使い方が分かるようになっているものが多数あります。

調査結果によると、従業員数が2000人以上と多いところでは多くの会社でこのシステムを導入しています。約半数以上がこのシステムを使って便利に従業員の管理を行っています。さらに従業員数1000人以上のところでも3割近くがシステムを導入しています。従業員数が多いところほど会社が管理する負担が大きくなるので、システムを導入しているところが多くなっています。中小企業でも将来的にシステムの導入を考えていきたいと言うところもあります。



従業員ごとにシフトが違う場合も



会社によっては従業員ごとにシフトが違うところもあります。同じ時間に出社し、同じ時間に帰宅するのであれば、給与計算も簡単ですが、従業員ごとに違う出社時間、違う退社時間ですと、勤務時間を計算することは本当に手間のかかる作業です。特に、パートやアルバイト従業員が多い職場などは従業員ごとに勤務時間が異なることが多いです。このような職場にこそクラウド型のタイムカードは大変便利です。またこのクラウド型の物があれば急に従業員がシフトを変更する時も簡単に修正することが出来ます。

毎月給与計算の時期になると、担当部署は面倒な給与計算に悩まされているのではないでしょうか。給与計算ばかりに時間を割くわけにはいかないが、計算や集計は重要なことなので時間をかけていると、勤務時間内に仕事は終わりません。毎月給与計算の時期に仕事量が増え残業を強いられるということが減り、今まで給与計算にかけていた時間を他の業務の為に使うことができます。クラウド上で情報を一元管理していますので他の業務に支障をきたすこともなくなり会社の業務全体もプラスに働きます。

次の記事へ

TOPへ戻る