無料体験版受付中

タイムカードの使い方の違い

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > タイムカードの使い方の違い

タイムカードの使い方の違い



現代のタイムカードと従来のタイムカード、使い方の違い



従来のタイムカードは紙のタイプのものでした。比較的多くの方が利用しているタイプです。タイムカードの印刷機の様な機器に流して時刻を記録してくれます。出勤時間を把握することができ、どの社員がどのような時間帯で働いているのかを管理者は把握することができます。使い方も比較的簡単なので、多くの方が操作を良く理解した上で使用できます。時給で給与を渡している企業でも利用しています。現在では正社員のみならず非正規雇用で働いている方もいます。そのような方の場合は時給で支払われることも多く、タイムカードを利用することで集計などが楽になるのです。しかし、現代では従来のタイムカードでは手間がかかる場合が多くなってきています。多くの企業では人件費削減などのコストカットが行われており、多くの人材を使用することが難しくなってきています。タイムカードにおいても同様に、タイムカードを集計するための人員が必要になります。従来のもので集計をする場合は比較的時間が必要になるので、その分、人件費も必要になってきます。

現代では技術の進歩がめざましく、この勤怠に関しても最新のものを搭載している企業が多くあります。最新のシステムを導入することで人件費などもカットすることができるので、導入した企業には利益があります。使い方においてもさまざまなものがあります。たとえば端末機器を利用して打刻をすることができるものもあります。使い方も従来のものよりも簡単に打刻することができ、導入の際、社員が困ることがないようにしてくれるところも多くあります。また、業者によってはタイムカードをICカードに切り替えてくれるところもあります。使い方に関してもとても簡単で、タブレットにICカードをタッチするだけで打刻ができるので、出勤時、退社時に申請者が簡単に行えます。



最新のシステムを利用した勤怠管理システムの操作性



現在の勤怠管理システムはとても使い方が簡単になっています。その点で多くの企業に喜ばれている場合があります。IT化する場合、機械の操作に関して導入の際、社員が混乱するケースがあります。そのため、導入を避けられている方もいるのではないでしょうか。

しかしながら今では、勤怠管理システムを提供している多くの業者は操作性を簡単にしてくれているので、タイムカードの打刻に迷う社員の方は比較的少なくなっています。タイムカードだけではなく、申請に関してもとても使い方が簡単になっています。管理画面からワンクリックで申請をすることができてしまうので、申請に関しても操作性をわかりやすくしている業者もいます。管理画面では社員の出退勤が簡単に一目で把握することができ、管理者、承認者も簡単に利用できます。修正に関しても対応してくれる勤怠管理システムは数多くあります。打刻をする際に打刻漏れなどがある場合があります。その場合は手入力で修正なども行うことができるため、柔軟性の高い製品が多く存在しています。

このような今では便利さだけでなく、操作性なども改善され、ユーザーがより使いやすい製品を提供してくれる業者が数多くいるのです。



勤怠管理システム導入のメリット



この勤怠管理システムを企業に取り入れることによってさまざまなメリットがあります。それは交通費精算なども容易にできるサービスを提供してくれる業者もいる点です。社員の出退勤を把握することができるシステムという点では多くの方が知っていると思いますが、交通費精算をすることができることは知らない方も多くいます。このようなサービスを提供してくれる業者で製品を購入することによって交通費精算までも手軽に行うことができます。また、業務改善を行うことが可能になります。勤怠管理をシステム化することによって、打刻情報を自動で集計することができるため、集計業務を軽減して、空いた時間を他の時間に使うことも出来ます。

また、休日や有給管理、残業基準なども容易に行うことができる製品もあるので、社員の有給などもしっかりと管理することができます。その他にもコストダウンをすることが可能です。タイムカードは保管費用なども必要になる場合があります。また、紙代などもかかってしまうので従来のものの場合、出費が多くなってしまう場合がありますが、現代の勤怠管理システムではクラウド上でデータ管理が行われ、

また、タイムカードにおいてもタブレットにICカードをかざすだけでいいので、紙代などが必要ない場合が多いです。また、多くの業者ではクラウド上でデータ管理をしているので、サーバーの購入なども必要ないケースが多くあります。このような現代の勤怠管理システムにはさまざまなメリットがあります。そのため、今では多くの企業でこのサービスが利用されており、多くの企業がこのサービスの魅力を社内に取り入れているのです。

次の記事へ

TOPへ戻る