無料体験版受付中

タイムカードを導入しよう

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > タイムカードを導入しよう

タイムカードを導入しよう



タイムカードを導入するメリット



企業で社員の出退勤を把握するのは大切なこととなっていますが、一人一人の出退勤を目で見て管理をするのは特に社員が多い企業では難しくなります。そこで考えられたのがタイムカードです。最近ではクラウド型のタイムカードもあり、システムが自動で出退勤を管理してくれます。では、今回は実際に導入することで得られるメリットを詳しく説明していきます。

まず、一つ目のメリットは業務の効率化です。

たとえば事務の方が数百人以上の社員の出退勤を手動で毎月行うとなると、集計や入力にかかる時間は人数にもよりますがはかり知れません。また、効率的にも悪く、社員の出退勤を集計や入力することで精一杯になり、他の仕事に手が付かないことも考えられます。しかし、タイムカードを導入することによって、自動的に集計がされ、手動で行っていた作業時間をなくすことが可能になります。自動化になることによって業務も効率的となり、魅力的です。

二つ目のメリットはコストを削減することができる点です。

一見、システムを導入することになるのでコストが増加してしまうように思う方もいますが、実はコスト削減に大きな貢献をしてくれます。たとえば集計や入力を手動で行う場合、それには人件費がかかってきます。企業において社員は大切ですが、人件費は何よりも高いコストとなります。また、残業時間が多いと社員にかかる負担は大きくなります。システムを導入することによって集計が自動化となっているので残業時間などを減らして社員の負担を軽減させることができますし、人件費もカットすることが可能となります。その為、コスト削減にも大きく役立つシステムとなっています。

三つ目のメリットはミスをなくすことができる点です。

出退勤の集計や入力をする時に人的に行っているという企業はミスがゼロという保証はありません。手動で集計や入力をすると間違えてしまうことも考えられます。しかし、タイムカードを導入することによって、機械が自動的に計算をしてくれるのでミスをなくすことが可能です。特に給料の計算でミスをしてしまうと大変なことになるので、ミスをなくすためにもシステムの導入は大切です。

このように、大きく分けると三つのメリットが存在していますが、まだまだ魅力はたくさんあります。メリットが多い為、利用している企業が増えてきています。



タイムカードを導入するまでの流れ



ではタイムカードは今ではシステムによる自動管理となっているため、導入する際には業者に依頼をすることが必須となっていますが、実際に導入する流れについてはどのようになっているのでしょうか?次に導入する際の流れについて紹介していきます。

まず、導入を検討している際には問い合わせをして疑問点などを相談するようにしましょう。資料請求や問い合わせは、メールからでも気軽に聞くことが可能となっています。

次に問い合わせが完了したら、勤務体系に合わせたタイムカードを登録してもらいましょう。導入までには設定をすることが必須となりますので、サポートをしてもらいながら導入や初期設定を行っていきます。丁寧にサポートをしてくれるので、不安に思うこともなく、比較的簡単に導入することができます。導入が完了したら実際にタイムカードを利用することが可能となります。実際に利用してみて、分からないことがあれば、いつでもサポートをしてくれるスタッフに聞くことで解決することが可能です。

最後に、料金を支払って全ての取引が完了となります。このように、システムの導入も一見難しいように思いますが、比較的簡単な設定となっているので、説明を聞くことで誰でも簡単に導入をすることが可能です。分からない時でもサポートをしてもらえるので安心です。導入までの流れを説明しましたが、あらかじめ調べておくことでさらに簡単に導入することができます。



タイムカードを導入する際の業者の選び方



勤怠管理をするためにタイムカードの導入を検討している方もたくさんいるかと思いますが、実際にシステムを開発している企業は数多く存在しています。選ぶ際に悩むこともあるかもしれませんので、最後は失敗しないためにも業者の選び方について紹介していきます。

まず、一つ目のポイントは誰でも簡単に取り扱えるサービスを開発しているかです。

たとえばパソコンなどの機械の操作をほとんど行わない企業も世の中には存在しています。こういった場合でも誰でも簡単に操作ができるようなシステムでないと意味がありません。特に操作に不安を持っている方は使いやすいシステムを開発している企業を選ぶようにしましょう。

二つ目のポイントは導入する際の料金ですが、業者によっては料金が異なるので、できる限り使いやすくて導入料金が安く設定されているところを選ぶと、後々後悔をすることもなく、便利なサービスを使うことができます。

このように、タイムカードといっても開発している企業によってはサービス内容も異なるので、できる限りこだわって選ぶようにしましょう。

次の記事へ

TOPへ戻る