無料体験版受付中

タイムレコーダーの中にある重要データを活用する

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > タイムレコーダーの中にある重要データを活用する

タイムレコーダーの中にある重要データを活用する



タイムレコーダーの必要性とチャンス



勤怠管理をするということになると、タイムレコーダーが必要になるでしょう。誰がどれだけ働いているのかを確認する必要があるからです。この管理がしっかりできていないと、それだけブラック企業といわれるようになる危険性を背負うことになります。だれがどの程度働いているのかということを知らないということは、もしかしたら働かせすぎているかもしれません。逆に働いていない人間がおり、うまくバランスが取れないということも出てくるでしょう。もしも、働いている人とのバランスが取れなくなれば、これが不満のもとになる可能性が出てきます。

さらに、だれがどれだけ労働力として投入しており、総合的にはどれぐらいだったのかを知ることは、売り上げを知ることと同じぐらい重要です。その労働力があったからこそ売り上げを上げることができたのですから、考えなければいけないことでしょう。

しかし、必要以上に労力がかかっているのであれば、これを改善しなければいけません。不必要に労力をかけて売り上げが上がらないのであれば、根本的な改善を考えなければいけません。もしも、売り上げが上がっているのであれば、労力を見直すことで利益をさらに上げることができる可能性もあるでしょう。

こうしたチャンスが勤怠管理の中には埋まっています。コンプライアンスという面では、かなり気を付けていかなければいけないことではありますが、経費という面を考えれば、削減に繋がる可能性もあるでしょう。



データを分析するために



データマイニングと同様ですが、勤怠管理から出てきたデータをどのように分析するのかということが重要になってきます。人間の力で一つひとつ分析し、どんな労力がかかっているのか、必要としているのかを調べてもいいでしょう。タイムレコーダーとして、タイムカードを使えばできないことはありません。スタンプされた情報を一つひとつ割り出していけばいいだけだからです。しかし、それが容易ではないことは想像に難くないでしょう。

人間の手でタイムレコーダーを分析するためには、まずは集計作業から始めることになります。人数が少なければ問題もありませんが、大人数となればそうはいきません。これだけで、毎月決まった数の人間を割かなければいけないでしょう。その結果がうまく出ればいいのですが、まったくでなかった場合には、割いている人数だけロスになってしまうこともあります。そのため、できるだけ人数をかけないようにしつつ、分析が進められるようにすることがポイントになるでしょう。

ひとつの解決策としてタイムレコーダーをICカードにしてしまうという方法があります。この方法の最大のメリットは、集計作業を自動化することができ、ICカードで出退勤を管理することが可能です。さらに交通費などの経費計算も行えるため、データを一元管理することができます。集計作業にかける人数を考えると、非常に手間のかからない方法になるでしょう。手間がかからないということは、それだけ経費を削減することができ、分析もしやすくなることを示しています。



システム化するメリットは



勤怠管理をクラウド化する方法があります。タイムレコーダーとしては、専用端末を使ったりする方法もありますが、ICカードを読み込めるタブレットを使うことで、ほとんど投資をせずに活用することが可能です。クラウド化することによって、大きなソフトをインストールする必要もありませんので、高機能な端末を導入したりするコストがありません。ソフトウェア自体も、クラウドとデータ共有するだけのものですので、軽くて済むところも大きなポイントでしょう。導入コストをかけずに済むということは、それだけ負担を軽くすることができます。

ICカードがあれば導入することができますので、すぐにでも始めることができるのは大きなメリットです。こうしたICカード管理にすることにより、不正打刻をなくすことができるようになるでしょう。タイムカードのように、時間が打たれるわけでもなく、時間を操作したりすることもできなくなります。こうした効果は、金額に換算すると、大きなものとなって表れてくるでしょう。これらを考えれば、導入するためのコストより、はるかに大きなものであるはずです。

自動で集計されるということで、手間はかからなくなります。いつでも出てきたデータを突き合わせることができ、そのデータから埋もれている重要な部分を引き出すことができるようになるでしょう。管理者権限を絞り込むことで、データをいじられてしまうリスクもありません。

勤怠管理システムを導入するメリットは、なにも不正防止ということではないということを重視しなければいけません。実際どれぐらいの労働力を投入し、どれだけの成果が出ているのかを正確に測ることが重要です。そのうえで、適材適所を目指す必要性も出てきますし、ウィークポイントを割り出し、増強するということも出てくるでしょう。勤怠管理をシステム化することは、経営戦略上重要なポイントを握っています。

次の記事へ

TOPへ戻る