無料体験版受付中

勤怠の集計やその他の作業を快適にする方法

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 勤怠の集計やその他の作業を快適にする方法

勤怠の集計やその他の作業を快適にする方法



勤怠のためのタイムカードの集計を楽にするタイムレコーダー



会社を運営している方の中には勤怠の管理に時間がかかってしまっている方もいます。現代では従来とは異なり雇用形態が複数あるので、その雇用形態に合わせて勤怠を管理しなければならなかったりする場合もあります。また、企業によっては残業等があるので、その点でも勤怠の管理は重要になってくるのです。

従来の勤怠管理は、タイムカードを利用していました。タイムカードは基本的に申請者側においても承認者側においてもとても手間がかかることがあります。申請者側は、従業員が多くいる場合は自分のタイムカードを見つけるのに手間がかかってしまうこともあります。一方で承認者側や運営者側はタイムカードを使用している場合、備品に費用がかかってしまいます。タイムカードの用紙やインク代などの費用がかかり、経営に負担がかかることもあるのです。

また、集計においても手間がかかります。集計作業は従業員が多ければ多いほど時間がかかることになります。また、その手間は一年に一回ではなく、給与支払いのため、毎月集計が必要になります。集計のために事務の人員を追加したりしているところもあり、人件費などにおいても高くなるケースがあるのです。

現代の勤怠を管理するシステムでは、このような手間を大幅に削減してくれるのです。たとえば申請者側においてはタイムカードを扱う必要がなく、タブレットに交通ICカードをかざすだけで打刻をすることができるようになります。また、承認者側においてはタイムカードを必要としないため、従来までに必要であった費用を削減することができます。また、集計に関しても以前と比べ簡単になります。システム上で従業員の勤務状況を確認することができ、集計においてもシステム上で簡単に行えます。申請者の打刻承認に関してもクリック一つで済ますことのできる。



勤怠管理をするためにタイムレコーダーを導入



勤怠を管理するために最新のタイムレコーダーを使用すると、申請者だけでなく、承認者もさまざまなメリットを得ることができます。たとえば不正の打刻を防止することができます。従業員が不正の残業をしている場合は、企業が支払わなければならない残業代が高くなり、企業の経営に影響を与えてしまいます。現代のタイムレコーダーを利用することによってそれらの不正をしっかりと防止することができ、今まで支払っていた余分な人件費を軽減できる場合があるのです。

また、システムを提供してくれるところによっては交通費計算のサービスも提供してくれるとこもあります。交通費精算を手入力で管理する場合は手間がかかりますが、近年のタイムレコーダーでは手入力の必要はなく、クラウド上で管理するようになります。運賃の確認や不備の確認等も気軽に行うことができるので、交通費計算においても手間や時間をかけずに済みます。このように勤怠管理をするためにサービスを提供してくれるところでは、企業の方の負担をできるだけ軽減できるように、より良いシステムを開発し、提供してくれます。これを導入すると、進化したシステムのおかげで企業はメリットを得ることができます。



勤怠のために最新のシステムを導入してくれる業者の選び方についてのポイント



勤怠のためのシステムを提供してくれるところは多くあります。そのため、業者の選択にためらってしまう企業もあります。業者選びのポイントには大まかに分けて三つあります。

一つ目は、簡単な操作で管理をすることができるかどうかです。システムを導入する場合、操作が煩雑である場合は従業員などが混乱して、業務に支障をきたす場合もあります。そのため、簡単に操作をすることができるサービスを提供してくれる業者を選択する必要があるのです。業者によってはサポート体制等も充実しているので、分かりづらい点などがあれば気軽にサポートを受けることができるようになっています。

二つ目は、契約できる人数が一人から可能なところを選択する必要があります。企業によっては従業員が異なっているので、従業員が少ないところもあれば多いところもあります。そのため、契約人数が少ないところでも対応してくれる業者だと、人数が少ない企業であっても多い企業であっても多くのお客様の要望に応えてくれる可能性が高いのです。そのためサービス性が高い業者となります。

三つ目は交通費精算も対応してくれるかです。交通費精算は非常に手間がかかる事務作業です。そのため、この機能を提供してくれるところと契約をすることで勤怠の管理だけでなく、交通費精算も行うことができるようになるので、企業側は十分なサービスの利便性を感じる事ができます。

次の記事へ

TOPへ戻る