無料体験版受付中

勤怠管理とは何か

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 勤怠管理とは何か

勤怠管理とは何か



勤怠管理の重要性について



勤怠管理とは、主に出退勤時間を自動で管理してくれるツールのことを言います。企業が社員の勤怠管理を行うのは法律で決められているので、出退勤時間を正確に管理するためにも勤怠管理は非常に重要なものとなります。そこで今回は勤怠管理の重要性は具体的にどういったものがあるのかについてを紹介していきます。

まずは出退勤時間の管理だけではなく、企業の業績アップにも欠かせないということです。勤怠管理を行うということは企業にとって非常に重要であるということをしっかりと認識する必要があります。単純に、従業員の作業している姿を見ているだけで良いのではないかと簡単に考えている方もいるかもしれませんが、このような状況では企業の業績アップにつなげることは難しいと言われています。業績アップにはいろいろな理由がありますが、その中でも勤怠管理をしっかりと行っている企業に成功のケースが多くなっています。勤怠管理をすることによって、社員の働きを隅々まで管理することができるので、業績アップのためにもしっかり管理していくことが大切です。

また、世の中には残業代が支払われていないというようなトラブルが発生することがありますが、このトラブルはなぜ起こるのでしょうか。残業代が支払われないトラブルと言うのは実は勤怠管理が不十分だということから発生するトラブルです。そもそも勤怠管理をしていれば、いつまで仕事をしていたのかについては隅々まで把握をすることが可能です。把握することによって残業も何時間したのかが分かるので、支払っていないということは起こらなくなります。支払わないことによって、会社はブラック企業と呼ばれることとなり、イメージも悪くする可能性があるので、ブラック企業と呼ばれないためにもとても重要なツールとなっています。

このような、勤怠管理とは企業においてとても必要だということが分かったと思います。従業員は企業にとって必要不可欠となりますので、社員に迷惑をかけないためにもしっかりとしたツールの導入が必要になります。



勤怠管理ツールの魅力について



勤怠管理とは、従業員を雇っている企業にとってはとても大切なものとなっていますが、導入をする上での魅力とはどういったものがあるのでしょうか。今回は勤怠管理ツールを導入する上での魅力についてを紹介します。

勤怠管理とは主に従業員の出勤や欠勤状況、休憩時間などあらゆることを把握してくれますが、実はそれだけではありません。まず一つ目に、コスト削減をできるというメリットがあります。なぜ勤怠管理でコストが削減できるのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、コストを削減するには勤怠管理は必要不可欠です。理由としては、管理をする上で自動化がされていないと、従業員が出退勤をする際に記入したりしないといけないため、余分な時間が発生してしまいます。また、給料の計算なども一から計算をして一人一人出していかなくてはなりません。

しかし、勤怠管理ツールを導入することによって、ツールが社員の勤怠管理を自動で行ってくれるので、あらゆる人件費の削減をすることができます。人件費を削減できるということは、企業にとっても嬉しいことです。また、紙を使用することがないので、紙の費用も削減することが可能になります。このような、あらゆるコスト削減を実現することができるのです。

2つ目のメリットは不正防止にもつながるということです。あまり不正をする人はいないと思いますが、勤怠管理を人的に記入したりすることによって、本人でなくても記入できる可能性があります。しっかりと管理をしていないと、本人以外が記入することも可能になってしまうため、不正行為が生まれてしまいます。そうならないためにも勤怠管理は必要不可欠です。やはり機械で行うことによって、不正行為は不可能になるので、不正行為を防ぐためにも大切なツールになります。また、一人一人しっかりと管理することによって、業務効率もアップします。このような、あらゆる場面で勤怠管理ツールは活躍します。今の企業には必要不可欠なツールとなっています。



勤怠管理ツールの選び方



勤怠管理とは、企業において必要なシステムとなりますが、企業によって業種も違うため、選び方も変わってきます。今回は選定する際のチェックポイントの紹介をします。

まず、管理をする際には就業規則に対応可能かということが大切です。企業によって就業規則はさまざまとなっているので、シフト管理や休日休暇など企業の就業規則に無理なく対応可能なシステムを選ぶようにしましょう。

また、給与システムとの連携が可能かどうかの確認は必要不可欠です。勤怠管理ツールによって計算されたデータは給与計算の基礎となるので、当然ながら連携が必要になってきます。効率的に作業を進めるためにも連携がされているかどうかの確認をしましょう。

その他にも使いやすいかどうかも需要となるので、これらのことをしっかりと確認しながら選ぶようにすると、あらゆる場面での活躍を期待することができます。

次の記事へ

TOPへ戻る