無料体験版受付中

勤怠管理はアプリを使って簡単に済ませよう

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 勤怠管理はアプリを使って簡単に済ませよう

勤怠管理はアプリを使って簡単に済ませよう

勤怠管理をアプリで行う


勤怠の管理をアプリで行うという企業は、近年増加傾向にあります。具体的にはどのようなアプリを利用することが出来るのか、ご説明をします。
最も利用されることが多いアプリは、ICカードなどを利用して管理をするタイプの物と言われています。ICカードを専用のリーダーに登録をして出勤ごとに利用をすることで、日々記録が付くタイプがこちらになるのですが、「記録の便利性」「管理の便利性」から利用を行う企業が多く、利用し始めてから仕事効率がアップしたと考えている企業が多いと言われています。仕事効率がアップするかどうかは企業の利用方法によっても異なりますが、利用方法を工夫することで、様々なメリットがあると言えるでしょう。
次に多いのが、管理者側のみが利用をするタイプのものです。こちらの場合は労働者側は一切タッチをせずに、管理者側が出退勤状況を入力することで管理を行う方法ですが、管理者側が記入をミスしてしまうと集計の際に大幅に乱れが出てしまう可能性も高く、気を付けなければいけない点も多々あり、管理の際には注意力が必要になると言えるでしょう。もちろん企業によってはこちらの方が利用をしやすいと考え、利用をしている企業も多くあります。
このように、同じものでも利用方法によっては何かと苦労することも多く、結果として効率アップをすることが出来なくなることもあります。ですので、「アプリを利用するメリットがあるのかどうか」「デメリットはどのような部分か」という点を書き出し、様々なものを比較することが必要になると言えるでしょう。「選択方法を間違えてしまう」「余計手間がかかってしまう」という可能性がありますので、注意が必要です。

アプリで行うメリットは?


労働者と管理者がともにアプリで管理をするという場合は様々なメリットがありますので、利用方法によっては作業効率を大きくアップさせることが可能になると言えます。具体的には、このようなメリットがあると言えるでしょう。
まずはじめに、管理ミスや記入ミスが無くなるという点です。利用するものによっても当然異なりますが、多くの場合、登録は自動で行われ、登録をする際にも簡単に利用をすることが出来る点が大きなメリットと言えるでしょう。紙媒体などに自分で記入をするタイプの勤怠管理方法とは異なり、登録の際にも専用のカードを利用して、タッチをするだけでOKということが多く、「登録ミスを防ぎやすいという点」と「不正登録を防ぐことが出来るという点」が、大きなメリットと言っても過言ではありません。
次に、交通費や諸経費など、必要経費も管理が行いやすくなるという点です。ICカードを利用している企業は、公共交通機関でも利用をすることが出来ることがほとんどですので、交通費としてはもちろん、コンビニなどのカードを利用できる所であれば、その経費も場合によっては簡単に落とせ、領収書などが無くても清算をしてもらうことが可能となるでしょう。余程著しい使い方でない限り、認められている企業では、お昼代などもそちらで購入をすることが出来ると言われています。
このように、様々なメリットがあるのがアプリを利用して勤怠管理を行う方法です。利用するものによっても、企業の利用方法によっても異なりますが、非常にミスが少ないタイプの方法となっています。

給与計算も楽々


労働者側にも様々なメリットがあることが分かっているこのアプリですが、他にも、管理者側にこのようなメリットがあることが分かっています。
まずは、管理をする際に入力ミスなどを起こさなくて済むという点です。管理をする際に入力をミスしてしまうという方も少なくありませんが、こちらの段階でミスをしてしまうと、どうしようもなく、そのままミスをして計算をされてしまうことになり、取り返しがつかなくなるような事態に陥ってしまう可能性もあると言えるでしょう。そうならないためにも、労働者側がタッチをするだけで簡単に登録を行うことが出来るタイプを利用することで、データを入力する手間が無くなり、データを元に計算をすることが出来るのです。
次に、管理の際に支払いの過不足を防ぐことが出来るという点です。実際に入力をされているデータを元に、労働時間・残業代金分・給与計算などを簡単に行うことが出来ますので、エクセルなどに入力をしなおして行うという手間が無く、計算も間違いなく表示することが可能となります。記入をするタイプの勤怠チェックは、人的ミスによるものや計算ミスなどにより、場合によっては支払いの過不足が発生してしまうことがあるので非常に危険です。そうならないためにも、給与計算を自動的に行ってくれるものを利用することで、間違いなく利用をすることが出来ると言えるでしょう。
このように、管理者に取っても様々なメリットがありますので、仕事効率をアップさせたい企業管理者の方は特に導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

次の記事へ

TOPへ戻る