無料体験版受付中

勤怠管理はアプリケーションが便利

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 勤怠管理はアプリケーションが便利

勤怠管理はアプリケーションが便利



労働基準法の内容



企業が雇っている人を管理する時に必要不可欠なシステムが勤怠管理です。出勤や欠勤などの勤務時間、他には有給休暇の管理などもあります。雇われている人たちが定められた勤務時間を厳守しているかどうかというのを知ることができるツールでもあります。

基本的には出勤時間、退勤時間を管理することが主になります。1日の労働時間や残業時間を管理することで月間の労働時間や残業時間を把握することが出来ます。この他には有給休暇や代休、特別休暇などの休日日数の管理も必要になるので勤怠管理は企業にとってなくてはならないものです。勤怠管理を行うことで従業員の労働状況を把握しトラブルを防ぐことが管理を行う第一の目的となり、これには労働基準法が大きく影響しています。

労働基準法とは雇う側も雇われる側もどちらも守るべき法律ですが、基本的には労働者の保護を目的とした法律であり労働条件の最低基準を決めるものです。1947年に制定されて以来、時代のニーズに合わせて幾度となく改正されてきました。雇う人と雇われる人の間で契約の自由は保障されているのですが、実際には社会的な立場などを考えると雇われる方が弱い立場になりやすいことから、対等な立場で契約を結ぶことができることを目的としています。契約する際、提示された労働条件が労働基準法と反している、下回っている場合にはすべて無効となります。

では労働基準法はどのような内容になっているのでしょうか。



労働基準法の内容



労働基準法は日本国内にある事業のみに適用され、日本国内にあれば国籍や職種などは関係なく適用されます。

労働基準法の中でも勤怠管理に影響するのが労働時間ではないでしょうか。労働時間には法定労働時間と所定労働時間と呼ばれるものがあります。法定労働時間は労働基準法で定められている雇い主が労働者を労働させることができる時間を決めたもので、所定労働時間は法定労働時間の中で雇い主が労働者に対して設定する労働時間のことです。

法定労働時間は一週間に40時間、一日に8時間と決められており、これ以上を超える労働をさせることはできません。所定労働時間の場合は朝10時から夕方18時半に就業、休憩時間は1時間というように雇用契約上の時間のことであり、法定労働時間を超えないように設定しなければ労働基準法違反となってしまいます。

休憩時間は労働から離れることを保障された時間であり、雇い主は労働者に休憩時間を与えなければならないというのも労働基準法の一つです。労働時間が6時間を超えて8時間を超えない場合には最低でも45分、残業を含めて8時間を超えてしまう場合には1時間の休憩を設定する必要があります。休憩時間中に電話の応対をしたり、来客のために休憩時間にオフィスで待機する場合などは休憩時間としてはみなされず、すべて労働時間にあたるので別に休憩時間を設ける必要があります。

では残業時間に関しては?となるのですが残業時間に関しては時間外、休日労働に関する協定を雇い主や労働者の代表者と締結することで免罰されているので違反にはなりません。

また労働基準法では休暇も定められています。年次有給休暇や産前産後休暇、育児休業、介護休業、生理休暇、裁判員休暇などがこれにあたります。会社によっては誕生日休暇や結婚記念日休暇などがある場合もありますが、これらは労働基準法の中には含まれていません。



ややこしい勤怠管理をアプリケーションで便利に



パソコンやスマートフォンが急速に普及したことでさまざまな情報をいち早く得ることができ、情報の共有などもスムーズに行うことができるようになりました。勤怠管理においてもアプリケーションが登場したことでとても便利なものとなっています。

スマートフォンのアプリケーションは私たちの生活に欠かかせないものとなっているのですが勤怠管理もアプリケーションで行うことができます。アプリケーションと言えば個人がSNSやゲームで使用するものと思われがちですが、企業の業務システムなども進化しておりビジネスを加速させるツールとしてさまざまな企業が取り入れ、それぞれが大きな役割を持っています。

勤怠管理と言えば厚紙でできたタイムカードに印字するタイプが主流でしたが、デジタル化が進んだことで経費削減や業務の効率化を図ることに成功しています。スマートフォンのアプリケーションということから、いつでもどこからでも勤務状況を把握することができ、労働者の雑務時間などを削減することができるので、企業の経費の中でも大多数を占める人件費の削減にも一役買っています。

ほとんどの場合は共有が可能なクラウドサービス型になっています。またシンプルな内容なので毎日の勤怠管理をスムーズに行え、誰でも簡単に使用でき、個人でも勤務状況を把握することが可能です。

勤怠管理アプリケーションは非常に多くのものが登場しているので業務内容や会社内のシステムなどと照らし合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

次の記事へ

TOPへ戻る