無料体験版受付中

勤怠管理を自動にするメリットや選ぶ際のポイント

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 勤怠管理を自動にするメリットや選ぶ際のポイント

勤怠管理を自動にするメリットや選ぶ際のポイント



自動化になった勤怠管理を導入するメリット



勤怠管理は今ではさまざまな企業が取り入れていますが、自動化になっているシステムも多くなっています。そこで今回は自動化になった勤怠管理を選ぶメリットについて紹介します。

まず、一つ目のメリットはタイムカードの保管が手軽だということです。

法律では労働者名簿や解雇、保証、賃金などその他労働に関わる書類について3年間は保管しておかなければならないという法律が存在していますが、書類の保管は特にスペースがなく、企業によっては困っている方も多いのではないでしょうか?こういった悩みを解決するためには、自動化になった勤怠管理を導入することによってシステムに記録をすることとなりますので、データとして保管することが可能になります。その為、たくさんのスペースを確保して書類を保管しておく必要もありません。また、タイムカードの保管がデータで可能となるので、スペースを確保できますし、なくしたりするトラブルが発生することもなく、メリットとなっています。

二つ目のメリットは勤務状況の確認です。

最近では労働時間が厳しく規制されたこともあって、社員一人一人の労働状況はしっかりと確認しておくことが大切となっています。労働時間が多く、社員の負担になる仕事が続いていると、業務停止になる可能性も考えられますので、そうならないためにも労働時間の把握は重要な問題となります。勤怠管理では、社員の労働状況をリアルタイムで見ることが可能になりますので、残業が多い人や休暇が取れていない方を一目で確認することができます。特に最近の勤怠管理は自動化になっているため、パソコンから確認をすることが簡単にできます。労働状況の確認は今の時代は特に大切となっており、問題が発生すれば業務に支障をきたす場合もあるのでしっかりと管理するようにしましょう。

三つ目のメリットは不正打刻を防止することができる点です。

基本的には不正をしている社員はほとんどいないと思いますが、実は遅刻しているのに通常通り出勤をしているように見せるのも簡単ですし、定時で上がっているのに残業をしているように見せるのも、方法によっては簡単です。しかし、今の勤怠管理では不正打刻を防止できるようになっているため、簡単に不正をすることは出来なくなっています。

このように、三つのメリットについて紹介をしましたが、まだまだ魅力的な部分は数多く存在しています。自動化になったことにより、メリットが増えてきています。



勤怠管理の選び方



勤怠管理を導入しようと思った場合、開発している企業によってはシステムの機能が異なってきます。せっかく導入するなら失敗をしたくないと思うのは普通なので、次は導入する際の選び方について紹介をします。

まず、一つ目のポイントは必要な機能がシステムに組まれているかどうかです。

たとえば、外出をすることが多く交通費を利用することが多い場合には、交通費の精算をおこなうことが可能なシステムが組まれているかどうかを確認することが大切です。集計が自動化になっているかなど、企業にとって使いやすいシステムが組まれているかどうかは重要なポイントとなりますので、選ぶ際にはまずは必要な機能が入っているかの確認をすることが大切です。

二つ目のポイントは使いやすさです。

システムを導入する際に、多機能であったとしても使い勝手が悪く、逆に社員の負担になるような難しいシステムでは導入をしても効率が悪くなってしまいます。機能を重視することも大切ですが、使いやすいシステムかどうかを見極めるのも大切です。

三つ目のポイントは利用する際の料金です。

導入を考えている企業は、システムの使いやすさや機能については重要になりますが、導入によって負担が大きくなるようでは意味がありません。後々後悔をすることにもなりますので、納得して導入をするためにも利用料金についてもなるべく詳しく聞いておくと良いでしょう。このように、選ぶ際には大きく分けると三つのポイントが存在しています。導入してから後悔をしないためにも、一つ一つ確認をしながら選んでいくようにしましょう。



勤怠管理を開発している企業の選び方



これまでに説明したように、勤怠管理を導入する際には開発している企業の選び方も大切となりますので、最後は選び方についても紹介します。

まず、一つ目のポイントはユーザーの満足度です。

ホームページなどを見てみると、すでに導入をしている企業を紹介していることもありますので、導入する前に確認しておくのも大切です。満足度が低いところは、あまりユーザーが満足をしていないこととなるので、できる限り満足度が高い企業を選ぶようにしましょう。

二つ目のポイントはサポート体制が充実しているかどうかです。

サポートをしてくれる企業はシステムを開発しているところによっては異なりますが、中には、サポート体制が充実しているところも存在しているので、万が一のことも考えてサポートに関して充実している業者を選ぶようすると、後々後悔をすることも少なくなります。

次の記事へ

TOPへ戻る