無料体験版受付中

勤怠集計を行う利便性

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 勤怠集計を行う利便性

勤怠集計を行う利便性



勤怠集計とワークスタイル



人類の発展は労働なくしてはあり得ません。しかし、人類が豊かになればなるほど、労働者を管理する事が難しくなって来たのでした。そこに現れた救世主の一つが、このタイムレコーダーなる機械です。それは労働者を管理する経営者にとって、まさに恵みの雨となったのです。

おりしもの産業革命で、世界の産業界が大きな変遷を見せるさなかに商工の世界が発展したことで、それまで地方で労働していた人々が都会へと集まり始め、労働者となっていきました。そして、企業は急速に発展し増加の一歩をたどる労働者の管理と、交代作業などに合わせた給与管理におわれるようになりました。その末に開発されたのが、このタイムレコーダーになります。これが、勤怠集計において画期的なものだったのです。

勤怠管理は、はじめは当然手書きの帳簿で行われていたのですが、機械がなかった時代は手書きでの管理が面倒だったと推移されます。勤怠管理はその頃から現在まで残り、そのための改良は重ねられ続けてきたのです。はじめは、時刻のみを用紙に印刷するものだったのが、今やICカードを用いた方法で勤怠管理をおこなうシステムに変化してきています。

現在はワークライフバランスという風潮が浸透しています。もちろん育児もこの中に含まれており、この時代の流れに合わせて企業や働く私達も、これに合わせてワークスタイルを磨かなければなりません。その為には、より効率の良い作業スタイルに移行するのはもちろん、管理体制の強化も推し進めるべきなのです。



勤怠集計の必要度



従業員の労働時間を管理する事は大変な手間暇がかかりますが、勤怠管理や就業管理のシステムがあればまさに鬼に金棒です。

企業側にとっては就労者のデータを知る事は、即、売り上げにつながります。何故、就業者イコール売り上げなのか、それは人件費が企業利益を圧迫する比率が、もっとも高いからなのです。しかし、それだけでは企業側の理念を遂行することは出来ません。就労者は弱い立場なので、労働基準法で庇護してやらないと、社会全体が崩壊してしまうからです。就労者が居なければ企業の生産性は失われ、同時に利益の出なくなった企業は、ただ崩壊の道を歩むでしょう。だからこそ、企業が率先して就労者を守って行かねばならないのです。それは逆に言えば、就労者の確保安定に繋がり、それが企業の発展につながって行きます。

その為も、しっかりと企業の屋台骨を管理して勤怠集計を行う訳ですが、そこには守るべき法律がたくさんあります。法に照らし合わせながら就労者の権利を守り、そこでデータを駆使して効率の良い労働体制を作り出すわけです。必要の少ない労力を多忙な部署へと引き込み、その場を安定させる事で、さらなる売り上げが見込める事も出来るし、赤字の出る部署はどうすれば転換できるのかは数字が教えてくれることが多々あるのです。

この労働時間の申告や管理の煩雑さが、会社の課題であると言えるのではないでしょうか。会社が退勤の時刻を自己申告に委ねている場合は、申告の手間とそれを立証するものが無ければ、信憑性に課題がありますし、逆に、サービス残業を強いられたり休日出勤等の申告漏れも問題となります。集計もエクセルなどの手作業となり、管理部門の大きな負担となります。



勤怠集計の将来を見据える



勤怠集計の利便性と作業効率を考えて行くと、いくつかのキーワードに行きつく事が判ってきました。コンプライアンスの順守とブラック企業対策という事になりますが、これを踏まえて企業側は従業員の作業工程の見直しや、効率的な作業方法、経費の節約を考えて行かなければなりません。そのためには、勤怠管理集計を見直してより一層効率的な手段を行う必要があります。

企業の体質の強化を図るために、まずは内側からの見直しが必要でしょう。その為、効率的な勤怠管理を考えていく事が重要になってきますが、勤怠管理はどのような方法でおこなえば良いのでしょうか。

まずは、会社全体のコミュニケーションが必要です。いくら会社の上部が良かれと思って画策して推し進めていても、その指導や言う事を聞かずに動かなくなったり、理解できなければ意味の無い事です。ですから、意思の疎通を図りつつ、従業員全体の同意を得ながら先に進んで行きましょう。さらに考えると、クラウドコンピューティングの導入を推し進めて、内側からの効率化を目指す必要もあります。それは、ICカードをはじめとしたモバイルを駆使した勤怠管理がベストな選択です。

時短に貢献し自動集計機能が優れた認証機器を取り入れて、従業員の労働をきちんと認めながらクリーンな体制を作ったうえで、不必要な経費や労働力を見直して行きましょう。企業側が、しっかりとした労働時間や時間外手当をきちんと把握して、従業員の権利である休日や有給休暇を取る事が出来る環境は、働く就業者にとっても安心であり、勤めたくなる企業なのです。

次の記事へ

TOPへ戻る