無料体験版受付中

最新のタイムカードについて

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 最新のタイムカードについて

最新のタイムカードについて



タイムカードの必要性



企業や人事を扱う時に必要不可欠になるのが勤怠管理をするシステムです。勤怠管理をしっかりしていないと従業員たちの就業時間を把握することができませんし、把握していないことで給料の計算が合わないということにもなります。また、有給休暇を管理するためにも必要になってきます。

タイムカードとは、会社の社員の出退状況や欠勤などの状況を管理するシステムのことです。また、出退状況の確認をするためだけでなく、残業などの時間を確認することができます。企業の中には残業の時間が把握できておらず、残業代を支払っていなかったというトラブルもあるので、把握することはとても大切な事となります。このようなことから、企業にとっては欠かすことのできないシステムとなっています。

タイムカードは、単なる従業員の勤怠管理をするだけではなく、人件費がどのくらいかかっているのかと言うこともすべて把握することができます。なので、会社側の経営にとっても非常に大切な事となります。また、法律的にも勤怠管理をすることは義務付けられています。残業代などを支払わなければ、会社の経営ができなくなってくることも考えられますので、きちんと管理する必要があるのです。



さらに、勤務管理をしっかりと行えば、社員の意識も大きく変わる可能性もあります。勤務を管理されることとなるので、真面目に仕事をしようと言う気持ちが高まり、社員全体が真摯に取り組むようになることもあります。タイムカードを導入することによって、姿勢を正すような効果ももたらされます。

会社を経営していくにあたって、社員の力は必要不可欠となるので、経営を進めて行くにあたって、勤怠管理を行う必要性は十分にあります。また、世の中にはブラック企業と呼ばれる会社もありますので、会社のイメージを壊さないためにも必要不可欠なサービスです。



タイムカードの主なメリット



タイムカードによる勤怠管理は今では多くの企業が取り入れていますが、実際に取り入れることによってどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。今回は勤怠管理のためのタイムカードを導入するにあたってのメリットについてを紹介していきたいと思います。

まず一つ目のメリットは、出退勤時間を正確に把握することが可能だということです。システムを導入していない企業にあたっては、手書きで日報に記入をしたりして管理を行っているかと思います。しかし、手作業で管理をすることによって、ミスが生じる場合があるので、正確に管理ができるとは限りません。しかし、タイムカードの導入をすることによって、手作業で記入していた作業がすべて自動化にされます。自動化されることによって、出退勤のみならず、有給休暇や残業代の計算などさまざまな事を把握することができます。システムを導入することによって、社内全体の時間管理を効率的に行うことが可能になるのです。

2つ目のメリットは、自動化されることによって、効率化を実現できることです。導入をしていない企業などは、仕事が終わると手書きで日報などに記入をすることとなりますが、基本的には手書きで記入するのにもトータルの時間を計算すると無駄な時間になります。



また、手書きで日報に書き出された勤怠管理は、事務の方などが人的に計算をして勤務時間の管理をしていかなくてはなりません。これでは効率的とは言えませんし、仕事以外の時間を取られてしまいます。そうならないためにも、自動化にすることが大切なのです。自動化によって計算も事務の方が一つ一つ手作業で行うこともなくなります。そうすることによって手間を省けるので、時間を効率的に使うことが可能になります。効率的に仕事を進めて行くためにも必要不可欠です。今回は一部だけの説明となりましたが、導入することでたくさんのメリットを得られます。





タイムカードを導入するにあたって



タイムカードをそろそろ導入しようと思っている企業もたくさんあると思いますが、勤怠管理ツールの開発を行っている企業も多くいます。なので、どこのタイムカードを導入しようか迷うということもあると思うので、今回は導入するにあたって勤怠管理ツールの開発を行っている企業の選び方について紹介をします。

まず、導入をするにあたって月々の支払いについて気になる方も多いと思います。開発を行っている企業でも月々の料金は異なってくるので選ぶ際には迷うと思いますが、まずは初期費用が無料のところを選ぶようにしましょう。料金の中でも初期費用は導入を考えている企業にとっては痛手だと感じるところもあると思うので、まずは初期費用が無料のところを選ぶと負担も減らせられます。

また、出退勤時間だけでなく、経費計算も同時に可能なシステムもあるので、選ぶ際には多くの機能が組み込まれているシステムを導入すると効率的です。

このような、タイムカードと言っても今の時代のツールは機能が豊富なものもあるので、選ぶ際にはしっかりと考えて選ぶようにしましょう。

TOPへ戻る