無料体験版受付中

最新の勤怠管理システムと最新のタイムレコーダーについて

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 最新の勤怠管理システムと最新のタイムレコーダーについて

最新の勤怠管理システムと最新のタイムレコーダーについて



最新のタイムレコーダー



近年ではさまざまな分野でITの技術が取り入れられています。勤怠管理においても技術が進歩し、従来のものでは作業が煩雑であった勤怠管理においても今では容易にできるようになっているのです。打刻に関してもICカードをタブレットにかざしてタップするだけで打刻ができてしまうなど技術が飛躍的に進歩しているのです。現代のタイムレコーダーではタイムレコードの修正が簡単になっています。打刻を忘れてしまう場合がありますが、修正機能などが搭載されているものもあるので、手動で打刻の情報を修正できるものもあるのです。

また、会社によっては外回りの後に直帰する場合も発生することがありますが、そのような場合に使用できる項目が搭載されている勤怠管理システムもあります。また、タイムレコードの申請機能も搭載されています。記録されている勤怠情報に誤りがない場合、勤怠情報を申請してくれます。申請状況に関しても管理画面から気軽に行えるものもあるので、手軽に管理者は管理できるようになっているのです。その他にもタイムレコードのCSV出力機能なども搭載されているものもあります。自分の月に働いた時刻などの情報をCSVに出力することができ、また、PDFで出力することができるものもあるので、紙での申請までも想定してくれているタイムレコーダーもあるのです。



現代の最新の勤怠システムは申請者向けの機能が豊富にあるのです。申請者向けの機能だけでなく、承認者、管理者向けの機能もあります。勤怠について申請者が間違えて申請する場合があります。多くの現代の勤怠管理システムでは申請があった時にチームや上司などがその情報を承認することができます。もし申請の情報が間違っている場合は申請者に差し戻すことができるので、管理の手間が削減されます。また、タイムレコードの勤怠情報の個人出力、一覧出力にも対応できるものもあり、指定した日の一覧出力も可能になっているので、一度に多くの情報を確認することが可能になっているのです。このような申請者向けの機能だけでなく、承認者、管理者向けの機能においても現代の勤怠管理システムには搭載され、勤怠管理をより手軽に行うことができるように企業にサービスを提供しているのです。



タイムレコーダーなどの現代の勤怠管理システムを導入することによって企業に与える効果



このような機能を企業の中に取り入れることによって多くのプラス効果を企業に与えられます。たとえばタイムカードの備品を削減することが可能になります。従来のものの場合、タイムカードやトナーが必要でした。しかし、現代のものに交換することによってこれらの備品が必要でなくなるので、備品を購入する手間がなくなり、費用に関しても抑えられます。

また、事務作業なども必要なくなります。従来のものの場合集計などが必要になるので、人件費などがかかってしまう場合がありましたが、そのような人件費に関しても削減可能です。従業員の不正の打刻も防止することが可能です。不正の打刻、企業に損失を与えてしまいます。不正の打刻によって人件費が高くなってしまう場合もありますが、そのような不正に関しても防止することが可能になっているのです。このような近代のタイムレコーダーのような勤怠管理システムを導入することによって企業に多くの利益をもたらしてくれるのです。



最新の勤怠管理システムの導入事例



これらを導入することによってさまざまなメリットを企業は享受することが可能なので、今では多くの企業がこのシステムを導入しているのです。企業の中には交通費の精算機能を導入する目的でこのシステムを導入しているところもあります。交通費に関しては従業員の負担になる場合があります。家から会社までの交通費は調べなければ申請できませんし、また地図などを見て会社までにかかる時間はどの程度なども申請しなければなりません。そのため時間がかかることもあり、効率的に素早く申請することができない場合が多いのです。しかし、このシステムを導入することによって申請の手間が大幅に削減され、効率的に交通費の精算をすることが可能になるのです。



また、勤怠管理システムを以前から導入している企業においても使いやすさを求めて機能性が簡略化されたものに交換する方もいます。このシステムの中には誰でも手軽に使用することができるように工夫されているシステムもあります。システムがわかりづらい場合、マニュアルなどを参考にして管理していかなければならないので予想以上に手間がかかってしまう場合がありますが、簡略化されたシステムを導入することで身につく時間も早くすることができ、勤怠管理システムを気軽に使用できます。このような今ではさまざまな企業でこのシステムが導入されており、導入したことで多くのメリットを享受している企業がたくさんいます。また、使いやすさに関しても考えられているので、従業の負担も少なく導入することが可能になっているシステムが多くあるのです。

次の記事へ

TOPへ戻る