無料体験版受付中

有給管理で職場環境の改善を

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 有給管理で職場環境の改善を

有給管理で職場環境の改善を



企業の変遷



ここ数年で企業の様相が大きく変化していることは実際に企業に属して働いていらっしゃる方はもとより、メディアを通じてご存知の方も多いのではないでしょうか。

しっかりとした労働基準を設けていたり組合があることによって従業員を大切にしている企業もあれば、想像の及ばないような過酷な環境や条件での労働を強いるような企業も存在しています。そのような企業があることは信じがたいことですが、大なり小なり問題を抱えている企業が存在していることは確かでしょう。

実際によく起こっている問題としては長時間勤務などの労働時間に関するもの、低賃金や労働に見合わない賃金であるといった賃金に関するもの、他にもパワハラなどの上司や人間関係に起因するものなどさまざまなものがあります。

まだ日本の多くの企業が日本型雇用といわれる年功序列制度だった頃は、上記のような企業はゼロとは言いませんが、あまり無かったのではないでしょうか。もちろん現在よりも過酷な長時間労働などの問題はあったのですが、その一方では全従業員は正規雇用であり、年功賃金や長期雇用が保証されていたのものです。すべてにおいて過去のものが良かったとは言いませんが、非正規雇用で将来が見通せない現代の若者たちを見ていると、雇用という面においては古き良き時代であったと思わずにいられません。



従業員が働きやすい環境のために



昔は良かったと懐かしんでみても今更昔には戻れません。良くも悪くもグローバル化の波は今後も進んでいくでしょうから、企業側には今以上にコスト削減を要求され労働の効率化や生産性の向上が推進されていきます。また労働者も労働者の権利意識の向上により、明日にでも従業員から職場の環境改善をして欲しいと訴えられないとも限らないのです。それでは企業として従業員の為に出来ることは何か、具体的にはどのようにすれば良いのかを考えてみましょう。

企業によって事業内容や雇用形態、現在の環境などはさまざまな状態だと思いますので一概には言えませんが、手始めに出来ることとして勤怠管理を見直すのが良いのではないでしょうか。従業員の正確な勤務状況を把握することはとても重要です。特に日本企業の風土として有給休暇の取りにくさがあげられます。有給休暇は法律で決められているものなのでどの企業も規則としては盛り込まれているのですが、実態としては取得率の低さはもはや世界的に有名なものとなってしまっています。また、有給がしっかり管理されていないことによっていつの間にか有効期日が失効しており消滅していた、といった話はよく聞かれます。有休を取りたいけど言い出せない、有給をきちんと把握したい、そんな声なき声を聞き取るためには第三者部門での勤怠管理が重要です。

勤怠管理のツールとしてメジャーなものの一つが紙版のタイムカードですが、これによって勤務時間や残業時間は管理できますが、有給までは管理できません。現代ではもっとも進んだ勤怠管理の方法としてクラウド型勤怠管理システムというのがあります。



導入したいクラウド型勤怠管理ツール



最新のクラウド型勤怠管理ツールとは、製品によって異なりますが、機能としては打刻データの自動集計機能/スマートフォンやタブレット端末からの打刻機能、スケジュール共有機能や有給・残業のオンライン申請機能、他にもプロジェクトの工数を把握する機能や緊急時の安全管理機能などを有しているのが一般的です。一つ一つの機能の説明はここでは省略させて頂きますが、単なる勤務時間の打刻機能しか無かったタイムカードは、集計の効率化のみならず経理や人事・総務部門、営業部門など全社で共有できるツールとして活用できます。

たとえばプロジェクト工数と連携した製品であれば、残業や休日出勤が多い場合、有給休暇の取得が低いプロジェクト部門や従業員があれば、仕事の負荷のかかり過ぎが考えられます。このような場合にもプロジェクトの進捗や計画の見直しが出来、的確な対応が取れます。

特に重要なのは、常識を越えた残業や有給休暇を取らせないなどの現場での違法な労働をリアルタイムで監視管理できることではないでしょうか。年々厳しくなる世間の目。企業トップが知らなかったでは許されないのです。一度ブラック企業のイメージがついてしまいますと、汚名返上に費やす時間と費用は馬鹿にできません。

有給休暇の取得率はあくまで一つの指標にすぎませんが、有給休暇の取得率向上は従業員の労働意欲の向上や生産性の向上につながるばかりでなく、有給休暇取得率向上に取り組む企業の姿は、企業ブランドの向上にも期待できるかもしれません。クラウド型勤怠ツールは、インターネットで検索すると各社からさまざまな製品が提供されています。各社とも毎月かかる運用経費は一人200円程度で、中には初期費用0円のところもあり、非常に低コストで導入できるのも魅力です。有効利用することによって職場環境の向上に繋がるものではないでしょうか。

次の記事へ

TOPへ戻る