無料体験版受付中

残業時間の計算について

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 残業時間の計算について

残業時間の計算について



残業時間の計算について



残業時間の計算は企業にとってはとても手間のかかるものです。申請者が残業代を請求する場合は必ず計算しなければならず、また、残業代を計算するためには残業時間を計算する必要があります。さらに、残業時間を計算するためには労働時間までも計算する必要があるのです。そのため、申請者にとっても管理者、承認者にとっても手間がかかり時間を要する処理になります。残業時間には該当しないものと該当するものがあるので、該当する残業時間を計算する必要があります。たとえば昼休みの中、来客や電話を当番した場合は残業時間に該当します。その他にも、暗黙の指示の場合であってもこの時間に含まなければなりません。

たとえば残業をしていることを会社の上司や管理者が知っていたのにも関わらず、知らない振りをして残業代に含めないのは従業員を無料で働かせていることになります。そのため、しっかりとこの時間も残業料金に含まれる必要性があるのです。

また、労働意外の教育に関しても該当します。企業によっては社外で教育などを実施する場合があります。この場合はしっかりと自分で申請を行う必要があります。しかし、企業によっては自由参加で教育を実施する場合があります。この場合は残業に含まれないので、残業代として含める必要はありません。その他にも着替えの時間です。企業によっては着替える必要がある場合があります。農業の方や工事現場の方などの場合は作業服に着替えなければならないので、この時間に関してもしっかりと残業代として計算しなければならないのです。



その他にも仮眠時間です。上司などから電話対応をするように指示されている場合は残業時間に該当するので、残業代として計算する必要があります。このような残業代として計算しなければならないものはとてもたくさんあります。そのためこれらを一つ一つスケジュールで確認することはとても手間になる場合があります。



現代のシステムで残業代を簡単に計算



現代ではさまざまな分野で技術が進歩しています。もちろん勤怠管理においても技術が進歩し、簡単に勤怠管理をすることができるようになっているのです。現代の勤怠管理システムにはクラウド型のタイプもあり、多くの企業が気軽に勤怠管理をすることができるように導入しています。サービスによっては管理画面から気軽に自分が管理する社員、メンバーの出勤状況などが把握することができるものもあります。また、残業時間や有給消化などが毎日自動で更新するシステムもあるので、申請者においては申請に必要な手間を削減することができ、また、管理者においても毎日気軽に確認することができるので、残業時間などを把握しやすくなっているのです。その他にも交通費情報を自動で読み込めるなどさまざまな機能が搭載されているシステムが多く世の中にあるのです。これを導入することによって従業員の作業環境の改善や手間だけでなく、企業に多くの利益をもたらしてくれるので、多くの企業で導入されています。

また、タイムカードも不必要になります。従来の場合はタイムカードを用いて勤怠管理が行われていました。しかし、毎月の集計に手間がかかったり、人件費なども必要になる場合があったりしますが、現代の勤怠管理システムを導入することによってこれらが不必要になるので、従業員の手間を削減することで、事務処理を軽減できます。このような現代では残業代の計算だけでなく、さまざまな機能が搭載され働いている人や使用者に利益をもたらしてくれるのです。



残業時間の計算の重要性



勤怠管理システムを導入することによって企業にさまざまなメリットをもたらしてくれます。多くのシステムでは残業基準を設けているもの、警告機能などさまざまな機能が搭載されています。それだけでなく、自動集計機能なども搭載されているものもあります。このようなさまざまな機能を搭載しているので、残業時間の計算なども簡略化されているので、企業にかかる負担を軽減してくれます。

企業によっては残業はとても重要になってくる場合があります。社員が残業をしてくれたことによって一つのプロジェクトを納期までに完成することができ、社員の残業によって企業にさまざまな利益をもたらしてくれる場合があるからです。一方で使用者においては残業代はとても重要になる場合があります。残業することによって給与が増え、会社からの評価が上がるからです。

一方で管理者はこの残業に関してとても慎重にならなければなりません。申請書によって残業基準に含まれていないものが申請されたりするものがあるからです。そのような場合は残業代の定義を申請者と見直さなければならず、また、一つ一つを確認しなければならないので、とても手間がかかる場合があります。近代において管理システムを導入することによってこれらの管理者の手間を軽減することができ、不正のある残業を企業は支払わなくてよくなる場合があります。

次の記事へ

TOPへ戻る