無料体験版受付中

残業時間集計なら勤怠管理アプリケーションが便利

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 残業時間集計なら勤怠管理アプリケーションが便利

残業時間集計なら勤怠管理アプリケーションが便利



残業時間とは



労働基準法の法定労働時間である一週間に40時間、一日8時間以上を超えた分を残業時間と言います。業務を行う上で毎日定時に帰宅できるというものではないですが一般的な残業時間の平均は47時間と言われています。しかし職種や業種によってかなりのバラつきがあります。

法定労働時間を超えた分の労働に関しては労働法違反になるのではないか?と思われるのですが会社と労働者の話し合いで労働協定を結ぶことでその協定内で残業をさせることが認められています。これは労働基準法36条に基づいて結ばれるものであり、企業などでは通称サブロク協定と呼ばれています。しかし協定を結ぶことで何時間でも残業をしてよいというわけではありません。一週間で15時間、一カ月で45時間となります。一日あたり3時間を超える残業をしていると一週間で限度を超えてしまうので残業代を払っているとは言っても労働基準法違反となってしまいます。

業種によって特別忙しい時期や時間帯があったりすることで中々労働基準法通りに勤務時間を設定することができない場合があります。看護師やタクシー運転手、医師などの場合は24時間体制のシフトを組むことも多く、一日あたりの勤務時間は法定労働時間を大幅に超えてしまうことになります。この場合には残業などという概念ではなく変則的な時間のサイクルで働く職場に適した変形労働時間制というものが取り入れられています。一日あたりの勤務時間は長いけど休日の日数も多いという働き方です。変形労働時間制にも一カ月あたり、一年あたりの総労働時間の制限はあるのでトータルの上限は法定労働時間に則って働く労働者と同じ条件になります。



残業時間の計算方法



毎日残業をしていると自分の残業時間が正しく計算されているのか気になることがあります。会社側は残業代を労働基準法の規定に従って正しく計算する必要があります。中には未払いの残業代などが発生しているケースもありニュースなどでも取り上げられることもあります。

まず残業の種類には2種類あります。一つ目は労働基準法で定められた労働時間を超えて行われた残業のことを指し、これを時間外労働と言います。二つ目は、会社が決めている所定の労働時間をオーバーして、労働基準法で定められた労働時間以内の範囲で行われた残業のことを指します。

たとえば朝9時から夕方5時までの勤務の中に休憩が1時間ある場合には会社が定めた所定の労働時間は一日7時間となります。この条件で夜8時まで残業をしたとしましょう。そうすると法定残業は夕方5時から夕方6時までの1時間となり、夕方6時から夜8時までの労働は時間外労働となります。実は労働基準法によって残業代の支払いの義務が生じるのは時間外労働のみとなります。法定残業については労働基準法では残業代の支払いについては何も定められていません。しかし企業の多くは法定残業にも残業代を支払っていることが多く、時間外労働に関しては時間外労働の時間数×一時間あたりの賃金×1.25で計算をします。ただし一カ月の時間外労働が60時間を超えてしまった場合には1.25ではなく1.5になります。法定残業に関しては法定残業の時間数×就業規則などで定められた一時間あたりの賃金となります。一時間あたりの賃金は月給÷一カ月あたりの平均所定労働時間で計算され、これには家族手当や扶養手当、子女教育手当や通勤手当、住宅手当などは含まれません。一カ月あたりの平均所定労働時間は(365(日)-年間所定休日(日) )×日の所定労働時間(時間)÷12(カ月)で計算することが出来ます。

自分の残業代や残業時間が気になる場合には計算してみようと思うのですがこれが毎月のこととなると面倒な部分があります。



面倒な残業時間集計はアプリケーションでスムーズに



パソコンで表計算のスキルがある人の場合は残業の計算もスムーズに行うことができるのですが、意外と面倒なのが残業時間集計です。そこでスマートフォンのアプリケーションを使うことでスムーズに残業時間集計をすることができます。

現代の日本では一人一台は必ずと言っていいほど持っているのがスマートフォンで、アプリケーションと言えばゲームやSNSなどで使用するイメージですが勤怠管理をすることができるアプリケーションも多く登場しており、ビジネスでも十分に活用することができるものとなっています。勤怠管理アプリケーションではシフト管理や給与計算、出勤、退勤の管理、有給休暇の管理などをすることができるのでリアルタイムで自分の残業時間を把握することができ、会社もクラウドサービスを利用することで残業時間の情報を個人と会社が共有することが可能となっています。勤怠管理をデジタル化することで経費削減や業務の効率もアップするのでとても便利です。

Android版やIOS版などスマートフォンだけではなくタブレット端末でももちろん使用することができるものがほとんどで、会社から支給されたスマートフォンで管理することも可能です。

次の記事へ

TOPへ戻る