無料体験版受付中

残業時間集計についての豆知識

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 残業時間集計についての豆知識

残業時間集計についての豆知識



残業時間集計の手間を勤怠管理システムの導入で軽減できる



勤怠管理システムを導入したいと考えている方もいるのではないでしょうか。勤怠管理システムを導入することで、企業は残業時間の集計に関しても簡単におこなうことができるようになるのです。中には、残業をされている企業もあるでしょう。

しかし、残業した時の賃金計算は通常の賃金計算とは異なるので、計算をおこなうときに間違った賃金計算をしないようにするのが当然です。当然ではありますが、金額も異なってくるので、集計する方や管理者の中にはその手間を感じる方もいるでしょう。また、従来の勤怠管理では、タイムレコードにタイムカードを差して打刻するのが一般的です。そのため、残業時間集計の際には通常の終了時間から残業時間を引いて残業時間を算出します。それをおこなわなければならない従業員が多いと、集計をする際に膨大な時間がかかることもあるのです。

しかし、勤怠管理システムを導入することによって、そのような残業時間集計にかかる手間を大幅に削減することが可能です。管理画面の設定から時間外勤務開始打刻を設定することができるので、初期設定をしておくだけで、このように簡単に残業時間を計算することが可能です。さらに、タイムカードの集計などは自動でおこなってくれます。自動で集計をしてくれるので、残業時間などを算出する必要性がなくなり、手間なく管理をすることができるのです。

承認申請に関しても、パソコンの画面からボタン一つで承認することができるので、これまでに申請にかかっていた時間を他の作業に充てることもできるのです。さらに、タイムカードではなく、ICチップで打刻をするようになるので、従来かかっていたタイムカードの費用やタイムレコードのメンテナンスにかかる費用なども削減することもできます。

残業時間だけでなく、休憩時間や深夜勤務時間なども設定可能です。深夜勤務時間は法律で決められているので、賃金が異なる場合もあります。賃金が異なると集計の際に手間がかかることもありますが、管理画面から設定をすることによって、深夜勤務時間における賃金も簡単に計算することが可能です。

ほかには、企業によっては、外での仕事を終えると直帰する方もいるのではないでしょうか。その際、時間外労働をすると従来の管理システムでは打刻をすることができないので、電話などで知らせて直帰をすることになります。この際にも、もちろん残業料金などを算出しなければならないのですが、管理者は手間がかかります。しかし、現在の勤怠管理システムはクラウド化しているので、外出先からでも打刻をすることが可能なのです。



残業時間集計のためにシステムを導入する流れ



残業時間集計の利便性を向上させたい方の中には、システムを導入したいと考えている方もいます。導入の流れに関しては業者によって異なりますが、大まかな流れは次のようにおこなわれます。

まず始めに、申し込みの際に必要な書類などを準備します。挙げるなら、申込書や口座振替申請書です。業者によっては、月額料金でサービスを提供してくれるところもあるので、口座振替申請書が必要になります。申請書に関しては、システムを設置する必要があるので、契約者の名前や住所などが必要です。

次に、事前準備が業者でおこなわれます。事前準備では、アカウントの発行作業などが行われます。その後に訪問という流れになります。実際に契約者のところに訪問して設置や、初期設定などが行われます。この際に使い方などの指導があるので、操作に関する不安を軽減することが可能です。説明を聞いて納得したら、社員やカード自体を登録します。その後に、利用することが可能です。

このシステムを利用することで、社員の勤務状況が一目でわかります。



残業時間集計を軽減させるシステムを選ぶポイント



残業時間集計の利便性を向上させるためのサービスを提供してくれるところは多くあるので、どのような業者にしたらいいのか躊躇してしまっている方もいるのではないでしょうか。業者を選ぶ際のポイントは大まかに分けて二つあります。

一つ目は、お問い合わせなどに対応してくれるかどうかです。導入する企業の多くは、初めて利用するところが多くなっています。そのため、システムを導入することによって、どのような効果を得ることができるのかを知りたい方もいます。業者によっては、資料請求やお問い合わせに対応してくれるところもあるので、不安な点をしっかり確認することが可能です。

二つ目は、設置やレクチャーなどをしてくれるかどうかです。システムは使いこなすことができないと、勤怠管理を効率化することができません。業者によっては、レクチャーをして利用者が使い方を理解まで指導をしてくれるところもあります。

このように、業者の選び方のポイントはしっかりあるので、ポイントを把握して選択するようにしましょう。

次の記事へ

TOPへ戻る