無料体験版受付中

残業時間集計を軽視しない会社は業績が伸びる

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 残業時間集計を軽視しない会社は業績が伸びる

残業時間集計を軽視しない会社は業績が伸びる

残業時間集計はミスなく行う必要がある


昔に比べて様々な雇用形態が見られるようになってきており、それぞれの給料計算はさらに複雑になってきています。また、最近では賃金の未払いやサービス残業などで企業が叩かれる場面も見られ、適正な給料の支払いをしなければ業績の悪化をまねくことになってしまいます。そのため、給料の計算についてはミスなく行わなければなりません。
以前ではタイムレコーダーにタイムカードを挿入し、出勤や退社を打刻していました。それぞれの社員の勤怠状況をタイムカードで管理することが一般的でしたが、この場合にはミスが生じることがありました。残業をした場合にもタイムカードにその状況が記録されていますが、その後月末になって総務や人事が集計をする際にミスが見られたのです。月末には勤怠の集計を行いますが、特に社員の数が多い会社ではこの業務が非常にハードになります。そのため転記の際にミスを生じ、残業時間集計をきちんとしても間違って賃金を支払うことも出ていました。現在では少しでも賃金の未払いがあると会社の責任を問われるので、ミスは許されないものです。
残業時間集計をきちんと行っていくためにはなるべく人的ミスを防ぐことが大切ですが、これを防止しながら適切に集計を行うためのシステムができてきています。タイムレコーダーのデータを直接パソコンに移すことによって月末の集計を楽にすることができる上、ミスも発生しません。最近ではデータを簡単にパソコンに移動するシステムもできているので、この方法を採用すれば給料の支払いミスを防ぐことができます。
また法律が改正されると、その都度正しく対応したシステムが必要になりますが、多くのシステムはこれに対応しているので、この点でも間違いが起きる心配がありません。

パートやアルバイトでも残業代のミスは許されない


現在では、様々な雇用形態で働く人が多くなっています。正社員の他にもパートや期間雇用などがあります。ただ、どの雇用形態にしても共通しているのが、残業をした場合には必ず残業代を支払わなければならないという点です。パートやアルバイトでは勘違いしやすいものですが、これらの雇用形態でも残業ら残業代を会社は支払わなければなりません。今の時代では、どの雇用形態であっても残業代を支払っていないとバッシングを受ける事にもなりかねません。また、業績が悪化するケースも実際にはあります。会社にとってはどのような点に気を付けていかなければならないのでしょうか。
会社として残業代をきちんと支払おうと思っても、何らかのミスによって間違いが生じることがあります。ミスが生じてしまうと大きな問題ることも考えられ、そうなると取り返しのつかない状況も生じてきます。これを起こさないために残業時間計算をきちんとするようにしなければなりません。また、どんな雇用形態の人であっても集計が間違いなく行われるシステムを採用しなければなりません。
以前であれば人事や総務が月末にタイムカードを見ながら集計を行っていましたが、会社の社員数が多く、様々な雇用形態の従業員がいるとミスを犯す可能性が高くなっていました。それを防止するために、データ集計をパソコンに任せる方法を採用する会社も多くなってきています。また、法改正が行われても柔軟に対応できるシステムであれば、正確な集計を行うことができます。会社に適したシステムを採用することが大切で、これによって全ての従業員の残業を含めた給料計算が完璧にできるのです。

クラウドによる残業時間集計システム


最近になって、クラウドによって勤怠管理を行うシステムも登場してきています。これに関しては、徐々に多くの会社が採用をしてきています。クラウドによって残業時間集計などもきちんと行うことができれば、給料の未払いなどのミスを防ぐことができます。実際にはどのような面でメリットがあるのでしょうか。
一般的な会社では、出勤時にタイムカードを挿入し打刻し、退社時に再度打刻を行います。これが一般的な従業員の姿ですが、この方法だと不正打刻が生じてしまいます。これは会社にとって損失になるので、不正を行わせないようにしなければなりません。そのために導入されるようになったのがICカードです。また、指紋認証も最近では採用している会社が増えてきています。これであれば不正を行う心配もありません。クラウド型の勤怠管理システムであればどの打刻方法にも対応し、パソコンに直接打ち込んで打刻をすることもできます。非常に柔軟性のあるシステムだと言えるでしょう。
大企業などでは従業員の数が非常に多く、管理が難しいものです。そういった場合でもクラウド型であれば集計などが簡単であり、管理をする側にとっても非常に容易になっています。外資系企業などでは外国人労働者もいますが、英語にも対応しているタイプがあります。この点は従来のシステムだと対応できないものもあったものです。さらに、法律が改正されたとしても柔軟に対応しているので、会社側で対応する必要がありません。そのため、残業時間集計などでミスを生じることもありません。

次の記事へ

TOPへ戻る