無料体験版受付中

社員の有給の管理を適切に行うことができるシステム

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 社員の有給の管理を適切に行うことができるシステム

社員の有給の管理を適切に行うことができるシステム

従業員の管理の難しい点について


会社の人事や総務部門の社員にとって、従業員の福利厚生の管理は難しいものです。例えば、有給は社員にとっての当然の権利であり、今では取得を認めないような会社などがあると社会的に厳しいバッシング受けて業績が悪化する場合もあります。そのため、きちんと対応を行わなければなりません。人事や総務にとって具体的にどういった点が難しいのでしょうか。
まず、従業員は誰もが有給を消化したいと思っています。休みは当然の権利として誰もが欲しいと思っています。実際に、従業員が人事などにこのことについて相談に来ることは多くの会社で見られることです。また、社員数が多い会社になるほど毎日のように社員が相談に来ます。それに対して人事などが対応しなければならないとなると、それぞれの社員に対する回答が面倒になり、時間もかかってしまいます。
有給は日数の面で限りがありますが、「つい間違った対応をしてしまい、もう休みがないにも関わらず与えてしまった」というケースも見られます。社員数が多くなるとそれぞれの残日数の確認が難しくなり、間違った回答をしてしまうこともあります。
会社の中には、様々な雇用形態の従業員がいるところも多くあることでしょう。パートやアルバイトがいる会社はとても多いものです。パートやアルバイトであっても付与される場合もありますが、そんな場合にはきちんとパートやアルバイトでも有給を与えなければならず、説明も行う義務があります。どの従業員にも平等を与えるためには、きちんとした対応を行わなければなりません。そのために、システムがしっかりしている必要があります。最近では多くのシステムが登場してきており、クラウドで行うタイプも登場しています。使用しやすいシステムを採用すれば、社員数が多くなっても適切に対応でき、ミスの発生も防いでいくことができます。ミスを防止することは会社にとって必須です。

システム導入によってバッシングを防ぐ


インターネット上では盛んに企業による法律違反が書かれていたりしますが、今ではちょっとしたミスによって企業のイメージが損なわれ、倒産にまで追い込まれるケースもあります。このような時代では、有給などについてもきちんと従業員に対して与えなければなりません。企業としてのモラルがなければ、バッシングを受けることになるでしょう。また、場合によっては業績が悪化してしまうことも考えられます。
実際に、勤怠関係についてはどのように対応し、企業としてバッシングを受けないようにしていくために、具体的にどういった方法を採用したらいいのでしょうか。
多くの企業で最近採用しているのが、勤怠のシステムです。以前では、タイムカードに打刻して人事や総務が手作業で集計を行っていました。その際に残業などの計算なども行い、給料計算をしていたものです。しかし、ミスなどがあると実際に支払われるべき給料が少なかったりということにもなりかねません。以前であれば差額を支払えばよかったのですが、現在では企業がわざと給料を少なく支払ったと言われることもあります。これによってバッシングを受けることも十分にあり得ます。
単に給料だけではなく、有給についても同様にミスがあると企業が法律違反を行っていると思われてしまいます。そのため、ミスを生じないためにも便利なシステムを採用していくことが必要です。管理がしやすいシステムだと給料計算など勤怠の把握もきちんとでき、間違いを起こす可能性も減ってくるものです。さらに、最近ではクラウドも登場するようになってきています。

クラウド型の導入によって一層業務がやりやすくなる


現在では、様々な働き方が出てきています。自宅で業務を行うという社員もいますし、出勤の際の打刻を屋外で行う社員もいます。そういった様々な形に対応できるようなシステムが必要になっています。例えば、タイムレコーダーが同じ場所に置かれており、そこに全ての従業員がタイムカードを挿し入れて打刻をおこなっていたものです。ただこの方法では屋外で打刻を行うことができません。また社員やパートなどの休暇についても、法改正などによってどんどん複雑になってきています。勤怠や休暇について、総合的に対応できるようなシステムはどのように選択していったらいいのでしょうか。
現在では、クラウドによって勤怠管理を行う会社が出てきています。クラウドの最も大きなメリットは、法律が変わってもシステムがきちんと対応してくれるという点です。法改正の都度システムを会社側で行わなければならないと面倒ですが、クラウド側で対応してくれるので安心して利用することができます。
また、クラウドでは様々な休暇について、それぞれの従業員の残日数などを把握することができます。休暇についても法律の改正によって変更が生じてしまいます。これもクラウド型であれば、その都度変更がなされるので安心です。
クラウド型は初期費用などが多くかかるのではないかと思われますが、リーズナブルに導入することができます。また、従業員数によって料金が比例してくる点もわかりやすいものです。時代の流れに柔軟に変わっていくことができるクラウド型は、今後多くの会社が採用をしていくのではないでしょうか。

次の記事へ

TOPへ戻る