無料体験版受付中

管理方法一つで有給のトラブルを防げる

勤怠管理ツール「ネクストタイムカード」HOME > コラム > 管理方法一つで有給のトラブルを防げる

管理方法一つで有給のトラブルを防げる



有給休暇を取得させるために



年次有給休暇は勤続期間の経過とともに付与日数が増加していきます。利用できなかった休暇は次の年に繰越することになるので、その年に有給を取らなければどんどん増えていくことになってしまいます。週休二日制を導入している企業では有給を取ってまで休暇を増やす必要もないと考えている従業員もいます。しかしその年にある程度消化してもらわなければどんどん繰り越されると企業側も困ってしまいます。

有給休暇は法的に従業員の権利として確立しているので、どんなに忙しくても取得を申請されれば企業側はノーとはいえません。ただしその休暇を取ることで業務に大きな支障が出る場合には時期をずらして取得して欲しい旨を伝えることは可能です。有給休暇を取得する上でトラブルに発展しやすい時期があります。トラブルの多くは退職時です。残っている有給休暇をすべて消化して退職を申し出られた場合、後の人への引き継ぎなど中途半端なままで会社を退職されると企業側にとっては大きな痛手となってしまいます。

計画的に休暇を取ることを従業員に勧めなければ損害をこうむるのは会社側です。また同じ担当をしている従業員も大きな迷惑を受けることになってしまいます。

クラウド型の勤怠管理システムがあれば休暇の利用状況も一目で分かります。ほとんど利用していない従業員に対しては管理システムで分かるので利用を促すこともできますので、トラブルが起きる確率を減らすことにつながります。



計画的に取得させるために



有給休暇を契約的に取得することを会社全体で勧めるようにすれば後々トラブルになることを防げます。グループ単位で取得を促す、上司が適時に取得を促す、年次計画表を基に個人個人で取得計画を出すなど、その職場に応じて対策をとることが出来るでしょう。

年次計画表をもとに計画を打ち出してもその計画通りにはいきません。仕事の状況によっては休暇を取ることが出来ない状況に追い込まれることもあるでしょう。しかし、計画表を出して計画を立てておけば、周囲の人もこの月には有給を取る人がいると把握することにもつながります。仕事の状況だけでなく従業員の病気その他の個人的事由によって取得できなくなる可能性もあるので、何日間か多めに取得計画を出しておくといいでしょう。

計画的に取得するためには大型連休を上手く使いましょう。連休と連休の合間に2日間出社しなければならない日があったとすれば、その日に有給休暇を利用すると効率的です。大型連休と連休の合間の平日を休むことでまとまった休日を取得できるので、リフレッシュに旅行に行くことも可能です。ストレス解消にもつながるので、これからまた仕事を頑張ろうという気持ちにもなるでしょう。

どんな仕事にも閑散期があります。閑散期の時期に出来るだけ休暇を取るようにすれば業務に支障が出ることも少なくなります。経営トップの意思、管理職の意識改革、職場の雰囲気作りが休暇取得に繋がります。いくら取得を企業が押し進めても職場の雰囲気が悪かったり、上司が良い顔をしない職場であれば休暇が取りにくくなってしまいます。休暇取得促進を進めるのであれば企業全体が同じ考えでまとまっていなければなりません。



就業規則で規定する



どんなに勧めても休暇を計画的に取得しない人もいます。この場合は言葉で勧めても意味がないですから、いっそのこと就業規則で規定してしまえばいいでしょう。規則で決まっていれば取得せざるを得なくなります。取得せずに翌年翌年と繰り越していると、他の従業員から白い目で見られるようになりますし、規則違反ということになります。

ただ、企業においては取得しづらい、使いにくいところもあります。取得を後押ししてくれる企業であれば躊躇なく取得することはできますが、申請した時点で白い目を向けられるような企業も存在しています。有給休暇は従業員の健康を推し進めるためにも必要なことです。企業の考え方自体を変えなければなりません。

休暇を計画的にとることは、生産性の向上や従業員の創造性の向上につながり、ひいては会社の利益アップにつながります。有給休暇を取得しやすい企業というのはイメージもいいですから務めてみたい企業の一つになり、企業のイメージ向上につながります。また、十分な休養を与えることは、過労死やメンタルヘルスの問題を予防するリスクマネジメントとしても大変重要です。

休暇を取得することを促進する企業も増えています。ある大手企業ではアニバーサリー記念日を自分で設定してその日は休暇を取れるようにしています。たとえば、自分の誕生日でもいいですし、恋人の誕生日でも、出会った記念日でも大丈夫で、何月何日でもその日を決めることができます。さらに、年1回だけですが、4日以上連続で休みを取ると5万円の手当がもらえる会社もあります。これなら競って休暇を取りたいと思うので、この企業では従業員が休暇を取得する確率も高くなっています。

次の記事へ

TOPへ戻る